ジャイアンツ一筋13年 マット・ケーンが現役引退表明 30日にラスト登板

[ 2017年9月28日 09:09 ]

ジャイアンツのマット・ケーン投手 (AP)
Photo By AP

 ジャイアンツのマット・ケーン投手(32)が27日に現役引退を表明した。30日のパドレス戦での先発が現役ラストの登板になるという。

 先発右腕のケーンは2005年にメジャーデビュー。ジャイアンツ一筋13年間のキャリアで通算104勝118敗、防御率3・69という成績を残した。

 オールスター選出は3度(2009年、11年、12年)。また、12年6月13日のアストロズ戦ではジャイアンツ球団史上唯一の完全試合を達成した。チームのワールドシリーズ制覇にも貢献したが、ここ数年は低迷が続き、13年以降は勝ち星が2桁に届かなかった。今季の成績はここまで26試合(先発22試合)に登板して3勝11敗、防御率5・66。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月28日のニュース