ロッテ 井口の有終アーチ着弾地点をレジェンドシートに

[ 2017年9月28日 05:27 ]

井口の本塁打が着弾したZOZOマリンのシート(2列目の奥から4番目)
Photo By スポニチ

 ロッテ・井口が最後のアーチを届けた席が、レジェンドシートとなる。

 24日の引退試合で9回に劇的な同点2ランを放ち、日米通算21年間の現役生活に別れを告げてユニホームを脱いだ42歳。その本塁打が着弾したZOZOマリンの外野席「2列624番」を、通常の青色から黄色などに変更し、さらに記念プレートを付けるプランが進行中だ。球団はメモリアル強化を推し進めており、その第1弾の企画となる。

 「来季開幕に間に合う形で計画を進めています。あの感動を千葉ロッテマリーンズのレガシーとして語り継がれるように、特別な場所にしたいと思っています」と球場担当者。この席は一部試合を除いて自由席のため、争奪戦が繰り広げられることになりそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月28日のニュース