西武 9年目・野上がプロ初完封!自身2度目のシーズン2桁勝利

[ 2017年9月23日 20:27 ]

パ・リーグ   西武5―0オリックス ( 2017年9月23日    メットライフD )

力投する西武・野上
Photo By スポニチ

 西武は先発の野上が9回4安打5奪三振の快投でプロ初完封。13年以来、自身2度目のシーズン2桁勝利を飾った。

 野上は初回から安定した投球を披露。切れのある直球、落差の大きい変化球でオリックス打線を寄せ付けず、スコアボードに0を刻んだ。

 打線は初回に山川の右前適時打で1点を先制。5回に秋山の適時二塁打で待望の追加点を挙げると、終盤の8回には浅村の2点適時打などで3点を追加し、快投を続ける野上を援護した。

 野上はオリックス打線に1点も与えぬまま9回のマウンドに。三塁を踏ませない危なげない投球で、プロ9年目にして初の完封勝利を飾った。

 オリックスは野上の前に散発4安打で零封負け。先発の山岡を援護することができず、3連勝はならなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月23日のニュース