田口 7回無失点の好投も援護なく降板「チームが勝つ投球をしたい」

[ 2017年9月18日 17:05 ]

セ・リーグ   巨人0―2中日 ( 2017年9月18日    ナゴヤD )

<中・巨>力投する田口
Photo By スポニチ

 巨人・田口の好投も援護なく、中日に0―2に敗れた。

 9月14日に誕生日を迎えた22歳最初のマウンドは、初回と2回を3者凡退という最高の立ち上がり。7回まで105球で4安打無失点に「立ち上がりが良かったのが良かった。いろいろな配球で攻めた」と振り返った。

 この日最大のピンチは4回。2連続四球も絡み2死満塁としたが、高橋を外角直球で遊ゴロに仕留めた。序盤から直球とスライダーに、巧みにカーブとチェンジアップを織り交ぜたが「チームが勝てなかったことが悔しい。4回の2四球が7回で降りる原因となった。チームが勝つ投球をしたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月18日のニュース