PR:

西武・源田 球団新人最多127安打 石毛に並んだ

パ・リーグ   西武5―2ロッテ ( 2017年9月5日    メットライフドーム )

<西・ロ>7回1死一塁、バント安打を決める源田
Photo By スポニチ

 快足を飛ばした。西武・源田が7回1死一塁からセーフティバントで捕安。81年の石毛と並ぶ球団の新人最多127安打。続く森の勝ち越し左前打を呼ぶ価値ある1打だった。

 「すごく偉大な先輩に追いつくことができてうれしい。本当に光栄です」

 36年ぶりの球団記録はらしさが詰まっていた。今季の内野安打は同僚の秋山、日本ハム・中島と並びリーグ最多の23本目。内野安打率は規定打席以上では楽天・ペゲーロの18・10%を上回り、18・11%でリーグトップだ。この安打の一塁到達タイムは約3・7秒。マーリンズ・イチローが昨年7月に出したタイムと同じだ。

 トップスピードに乗るのが早く、31盗塁の脅威のルーキー。「ああいうのが僕らしくていいんじゃないかなと思う」。フル出場を続ける終着点が楽しみだ。(春川 英樹)

 ▼西武・野田(1点リードの7回2死二塁から十亀を救援し代打・大嶺翔に同点打浴びるもプロ初勝利)複雑。いいピッチングをして勝利と思っていたので。

[ 2017年9月6日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月25日23時〜00時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム