川端&田浦&磯村“左腕トリオ”が23三振「自信がついた」

[ 2017年9月4日 05:30 ]

U―18W杯1次ラウンド   日本0―4米国 ( 2017年9月2日    カナダ・サンダーベイ )

日本先発の川端
Photo By スポニチ

 高校日本代表は川端、田浦、磯村の左腕リレーで米国打線から23三振を奪った。先発の川端は2回1死三塁、2ストライクから中村が中腰に構え、高めに外そうとした直球が甘く入り、カサスに先制2ランを被弾。川端は「1球の重みを凄く痛感した」と話し、中村も「投手への表現が甘かった」と反省した。1時間半の中断後は川端が緩いカーブを有効に使い、5回2/3で15三振を奪っただけに悔やまれる失投となった。

 その後も田浦は2回1/3で5三振、磯村も1回で3三振の奪三振ショー。今大会初登板の田浦は「自信がついた」と収穫を得た様子だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月4日のニュース