日本ハムナイン Jアラート鳴り不安の朝、心配げな栗山監督

[ 2017年8月30日 05:30 ]

取材に対応するする日本ハム・栗山監督
Photo By スポニチ

 北海道の襟裳岬の上空を通過した北朝鮮の弾道ミサイル。旭川に滞在している日本ハムの選手らチーム関係者の多くは午前6時すぎに携帯電話で鳴り響いた全国瞬時警報システム(Jアラート)の音で目覚めるなど、不安の朝を迎えた。

 栗山監督は言葉を選びながら「北海道とか日本に限らず、人々が悲しむようなことは起こってほしくない」と心配そうな表情で話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2017年8月30日のニュース