広陵・中村、清原超え6本塁打!初回2ランに続き5回ソロで大会記録更新

[ 2017年8月22日 11:06 ]

第99回全国高校野球選手権大会準決勝   広陵―天理 ( 2017年8月22日    甲子園 )

<天理・広陵>1回1死二塁、広陵・中村は中越えに2点本塁打を放ち、清原に並ぶ大会5本目の本塁打をマーク
Photo By スポニチ

 第99回全国高校野球選手権大会準決勝が22日、甲子園球場で行われ、今秋ドラフト1位候補・広陵(広島)の中村奨成捕手(3年)は初回に先制2ラン、5回に同点ソロ本塁打を放って今大会6本塁打とし、1985年に清原和博(PL学園)がマークした1大会個人最多本塁打記録を更新した。

 中村は初回1死二塁の第1打席、天理先発・碓井涼の初球を捉えてバックスクリーンへ先制2ラン。3回は1死から遊飛に倒れた。3―4と1点を追う5回には先頭で打席に立つと、2ボールからのシュートを左中間へ運び、同点ソロで試合を振り出しに戻した。6回は敬遠四球で1死満塁の好機をつくり、5番・平元の勝ち越し2点中前適時打を演出。6―4の7回2死満塁では左翼へ走者一掃の適時二塁打、10―6の9回2死二塁では中前適時打をマークして今大会17打点とし、萩原圭悟(大阪桐蔭)の1大会個人最多打点記録(15打点)も更新した。

 中村は今大会、初戦の1回戦、中京大中京(愛知)戦で2発をマークすると、秀岳館(熊本)との2回戦では9回に左越え3ラン。3回戦の聖光学院(福島)戦では9回に3試合連発の決勝2ランを放って計4本とし、平田良介(大阪桐蔭)、北條史也(光星学院=現八戸学院光星)らに並んでいた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年8月22日のニュース