仙台育英・長谷川 4戦432球 熱投及ばず無念

[ 2017年8月21日 05:30 ]

第99回全国高校野球選手権第12日・準々決勝   仙台育英4―10広陵 ( 2017年8月20日    甲子園 )

<仙台育英・広陵>帽子を飛ばしながら熱投を見せる仙台育英・長谷川
Photo By スポニチ

 仙台育英(宮城)が2年ぶりの4強入りを逃した。前日124球完投したエース左腕・長谷川は左手の人さし指の違和感で先発を回避したが、先発の佐川が打ち込まれ、0―5の3回2死二塁から救援。

 注目の中村との対決は3打数無安打1四球に抑えるも、6回1/3で4失点を喫し「中村君との勝負は楽しめたが、自分の実力不足」。4試合で計432球を投げた左腕は、進路について「まだ決めていない」としたが、遊撃手の西巻主将は「プロ志望届を出そうと思います」と表明した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年8月21日のニュース