ソフトB田中正義シート打撃登板 2カ月ぶり打者と対戦で復帰に手応え

[ 2017年8月19日 15:24 ]

シート打撃に登板したソフトバンク・田中正義
Photo By スポニチ

 右肩違和感を訴え、リハビリをしていたソフトバンクのドラフト1位ルーキー・田中正義投手(23)が19日、福岡県筑後市のファーム施設でシート打撃登板した。

 打者と対戦するのは6月23日の3軍練習試合(対西部ガス)以来約2カ月ぶり。ジェンセン、栗原、曽根と12打席対戦し、安打性は1本、2奪三振、1四球だった右腕は「最後の方はよかった。あの感じで投げられれば。トライアンドエラーの繰り返しです」と語った。

 順調ならば22、23日の3軍定期交流戦(対四国アイランドリーグplus・徳島、筑後)で実戦復帰する予定だ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年8月19日のニュース