ヤクルト星 巨人斬り50日ぶり4勝目 G内海は2回途中4失点KO

[ 2017年8月17日 21:23 ]

セ・リーグ   ヤクルト4―3巨人 ( 2017年8月17日    神宮 )

<ヤ・巨>力投するヤクルト・星
Photo By スポニチ

 ヤクルトはドラフト2位の星が5回1/3を7安打3失点で6月28日の巨人戦(福島)以来、50日ぶりとなる4勝目(5敗)。本拠地の神宮球場で初勝利を手にし、チームの連敗を3で止めた。

 2回、荒木の先制3ランなどで4点の援護をもらった直後の3回。3点を失い、なおも2死一、二塁から亀井の左前打で本塁突入の二塁走者・阿部が左翼手・バレンティンの好返球で憤死。何とかリードを守ったまま、救援陣につないだ。星は自身の連敗を3で止め、4勝目。

 巨人は先発の内海が1回2/3を5安打4失点で6敗目(2勝)。3位・DeNAが中日に勝ったため、クライマックスシリーズ(CS)圏内となる3位に5ゲーム差となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年8月17日のニュース