おかやま山陽 斎藤打ち崩せず零敗…川田主将「見極めきれなかった」

[ 2017年8月10日 16:49 ]

第99回全国高校野球選手権大会第3日1回戦   おかやま山陽0―6聖光学院 ( 2017年8月10日    甲子園 )

<おかやま山陽・聖光学院>おかやま山陽先発・大江
Photo By スポニチ

 初出場のおかやま山陽は聖光学院の斎藤を打ち崩せず、無得点に終わった。主将の川田は「試合前に低めの変化球を捨てようと確認していたが、見極めきれなかった」と振り返った。

 岡山大会では再試合となった決勝で8回を無安打無失点と好投した先発大江も、四回途中4失点で降板。「コースが甘かった。どのバッターも初球からどんどん振ってきた」と悔やみ、「次は自分たちができなかった1勝をしてほしい」と後輩たちへ思いを託した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年8月10日のニュース