ロッテ ソフトB戦負け越し決定 伊東監督「1点の壁が厚かった」

[ 2017年8月10日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ2―3ソフトバンク ( 2017年8月9日    ZOZOマリン )

<ロ・ソ>敗れたロッテ・伊東監督はファンに頭を下げる。 左奥は工藤監督
Photo By スポニチ

 ロッテは角中が2本の適時打を放ったが1点及ばず、連勝は2でストップ。ソフトバンク戦は今季4勝13敗となり、負け越しが決定した。

 伊東監督は「ソフトバンクとは“1点が”という試合ばかり。1点の壁が厚かった」と振り返った。

 前夜は19安打17得点も、この日は4回に1点を返した後に無死三塁からたたみかけられず、5回も無死三塁を逸した。「こういう試合をとっていかないと厳しいですね」と息をついた指揮官。先発のスタンリッジは6回3失点で5敗目を喫し「3回だけ。何とかあの回を乗り切れていたら」と悔やんだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年8月10日のニュース