【神奈川】さすが横浜の4番!増田が同点弾「良い場面で打てた」

[ 2017年7月24日 05:30 ]

第99回全国高校野球選手権大会神奈川大会5回戦   横浜6―2藤沢翔陵 ( 2017年7月23日 )

6回に同点2ランを放った横浜の増田(右)は万波とハイタッチ
Photo By スポニチ

 これが横浜の4番だ。2点を追う6回無死一塁。増田が外角直球を迷いなく振り抜くと、打球は右中間スタンドに飛び込んだ。今夏1号の同点2ラン。8強に進む逆転勝ちを呼び「チェンジアップが来たら“ごめんなさい”と。良い場面で打てた」と胸を張った。

 18日の3回戦・秀英戦で1年生の小泉が決勝弾、2年生の長南は4回戦の武相戦まで3戦連発と後輩が活躍。3年生の主砲は「多少焦った」と、22日の練習では平田徹監督の投げる球で特打に取り組んだ。体のブレを修正し、待望の一発。視察したソフトバンク・荒金久雄スカウトは「勝負強い。熱男(松田)タイプ」とうなった。

 5番・万波も今夏1号となるダメ押しの右越え3ラン。主軸が本領を発揮し始め、夏連覇まであと3勝とした。 (松井 いつき)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月24日のニュース