楽天アマダー 球団史上初3打席連発「期待を裏切りたくない」

[ 2017年7月23日 05:42 ]

パ・リーグ   楽天8―7オリックス ( 2017年7月22日    Koboパーク宮城 )

<楽・オ>7回無死、アマダーが中越えに3打席連続となるソロを放つ
Photo By スポニチ

 楽天・アマダーが球団史上初となる3打席連続本塁打を記録した。2―2の2死一塁の第2打席で、山岡の136キロスライダーを左翼席へ勝ち越しの10号2ランを放った。

 「打っていないのに3番にしてもらっている期待を裏切りたくないから、集中して打席に入った」と笑顔で振り返った。

 1点を返された4回には2死三塁から132キロスライダーをバックスクリーン左へ。そして7回には12号ソロを放ち、4安打5打点でチームを2連勝に導いた。首位をキープし、梨田監督も「今日はアマダーデーだったね」と称えた。

 開幕スタメンを果たした外国人3人のうち、ペゲーロは打率・308、21本塁打。ウィーラーは同・283、21本塁打と結果を残す中で、大きく出遅れた。一度は2軍落ちも経験したメキシカンだが昨年7、8月の成績は30試合で・296、9本塁打、19打点。「残りのリーグ戦で貢献できるように結果を出し続けたい」。体重135キロの巨漢だからこそ、気温の上昇とともに体にも切れがでる。夏男がようやく目覚めた。 (黒野 有仁)

 ≪今季4人目≫アマダー(楽)が3打席連続本塁打。1試合3本塁打は、1日中日戦のエルドレッド(広=3打席連続)以来今季4人目。チームでは山崎武司が07年5月17日の日本ハム戦でマークしたのと並ぶゲーム最多本塁打になった。また、山崎武は3本塁打の途中に二塁打を挟んでおり、ゲーム3打席連続本塁打は球団史上初めてだ。なお、連続打数本塁打のプロ野球記録は4。今日のオリックス戦で記録挑戦となるがどうか。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2017年7月23日のニュース