【球宴】全パ・秋山 決勝打で2戦連続敢闘賞「なかなかない」

[ 2017年7月16日 05:30 ]

マイナビオールスターゲーム2017第2戦   全パ3―1全セ ( 2017年7月15日    ZOZOマリン )

<全パ・全セ>5回2死三塁、秋山は勝ち越しとなる右翼線適時二塁打を放つ。手前は一塁手・阿部
Photo By スポニチ

 全パの秋山(西武)が5回2死三塁から決勝の右翼線適時二塁打を放ち2試合連続の敢闘賞を受賞。「これだけ選ばれた選手の中で2日連続賞をもらえることはなかなかない」と喜んだ。

 1戦目は球宴史上9人目の先頭打者アーチ。両軍合わせて唯一の2試合連続フル出場も、「凄くいい時間を過ごせました」と疲れの色はなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月16日のニュース