【球宴】全パ・大地 三塁打&一発で敢闘賞「一生の思い出」

[ 2017年7月16日 05:30 ]

マイナビオールスターゲーム2017第2戦   全パ3―1全セ ( 2017年7月15日    ZOZOマリン )

<全パ・全セ>5回無死、右中間フェンス直撃の三塁打を放った全パ・鈴木
Photo By スポニチ

 2安打1打点の全パ・鈴木(ロッテ)が敢闘選手賞をゲットした。5回無死の第2打席で右中間フェンス直撃の三塁打。悔しそうな表情を浮かべていたが、7回無死の第3打席では小川の直球を強振し、右翼席へ正真正銘の一発を放った。

 本拠のZOZOマリンで大歓声を浴び「千葉でやれて、自分の中で最高の結果」と笑顔。試合後にはロッテの勝利の儀式「We Are」をパ・リーグ全員で行い「一生の思い出になる」と喜んでいた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年7月16日のニュース