【静岡】浜松開誠館がコールド負け 元近鉄の中村紀洋コーチ「頑張ってくれた」

[ 2017年7月16日 15:22 ]

第99回全国高校野球選手権静岡大会2回戦   掛川西7―0浜松開誠館 ( 2017年7月16日    掛川 )

試合を見守る中村氏
Photo By スポニチ

 近鉄などで活躍した中村紀洋氏(43)が非常勤コーチを務める浜松開誠館は、2回戦で第5シードの掛川西に7―0の7回コールドで敗れた。

 初回から守備でミスが出てリズムをつかめなかった。3塁側スタンドで戦況を見守った中村氏は「一番、気にしていたことが出た。野球はミスをしたチームが負ける」と唇をかんだ。一方で「選手は精いっぱい頑張ってくれた。負けていても、最後まで笑顔でグラウンドを駆け回っていた」とねぎらった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月16日のニュース