【東東京】二松学舎大付・永井“神ってる”2安打1打点

[ 2017年7月16日 05:30 ]

第99回全国高校野球選手権東東京大会3回戦   二松学舎大付7―4多摩大目黒 ( 2017年7月15日 )

5回1死でセンターゴロを打つ永井
Photo By スポニチ

 二松学舎大付は高校通算47本塁打を誇る永井が、3回の右中間適時三塁打を含む2安打1打点。多摩大目黒に2度リードを許しながらも7―4で逆転勝ちした。

 14年の世界少年野球では日本代表に選出され、優勝を経験。50メートル5秒8の俊足でもあり、スケールの大きさは先輩の広島・鈴木にも負けていない。「緊張はあったけど、チャンスで打てた。甲子園に絶対に行きます」と力強かった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年7月16日のニュース