【埼玉】埼玉平成、接戦制して4回戦へ 鈴木が値千金V打

[ 2017年7月16日 05:30 ]

第99回全国高校野球選手権埼玉大会3回戦   埼玉平成3―2立教新座 ( 2017年7月15日 )

試合後笑顔でガッツポーズの埼玉平成・鈴木
Photo By スポニチ

 埼玉平成は立教新座との接戦を3―2で制し、4回戦進出を決めた。同点の8回2死三塁で鈴木が値千金の勝ち越し適時打を放ち、9回の守備では、鈴木の幼なじみである2番手・田中が相手打線を封じた。

 鈴木は「田中と小中高12年間一緒にやってきて、今日は踏ん張って投げてくれていた。最後は自分が決めるという気持ちで打った」と笑顔で語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月16日のニュース