【秋田】秋田商、執念のサヨナラ勝ち 最大9点差を逆転

[ 2017年7月16日 05:30 ]

第99回全国高校野球選手権秋田大会2回戦   秋田商12―11大館鳳鳴 ( 2017年7月15日 )

 秋田商は最大9点差をひっくり返して大館鳳鳴にサヨナラ勝ち。太田直(すなお)監督は「9点差を逆転したのは記憶にない。最後まで諦めないことが大事だと改めて感じた」とナインを称えた。

 0―9の6回、小玉の3ランで打線に火が付き、8回も4点を奪って2点差に肉薄。9回に7―11と突き放されながらも、その裏に5点を奪った。指揮官は「小玉の一発が大きかった。この勢いを大切にして、次も戦いたい」と語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月16日のニュース