【奈良】智弁学園に“小さな巨人” 1メートル61坂下がV打

[ 2017年7月16日 05:30 ]

第99回全国高校野球選手権奈良大会2回戦   智弁学園7―4御所実 ( 2017年7月15日 )

1年生ながらスタメン出場し3安打2打点と活躍した智弁学園・坂下翔馬内野手
Photo By スポニチ

 智弁学園史上初となる4季連続の甲子園出場を狙う今夏、頼もしい“小さな巨人”が現れた。「2番・二塁」で先発した坂下翔馬内野手(1年)は同点の4回無死一塁から右越えへ勝ち越しの三塁打。スタメン唯一の1年生が3安打2打点と暴れ回った。

 1メートル61、63キロは部員51人中、最小兵。中学時代は奈良葛城ボーイズで全国優勝を経験した逸材だ。遊撃を守る4番の太田英毅内野手(3年)が熱中症で途中交代し、右翼を守る1番の福元悠真主将(3年)が落球で走者を還すなど王者らしからぬ初戦でその存在感は際立った。

 二塁、遊撃の守備で再三の好守も披露した背番号14。まだあどけなさの残る坂下は「先輩方と甲子園に出て日本一になることが目標です」と汗をぬぐった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月16日のニュース