早実・野村にアクシデント 相手バットが顔面直撃で途中交代 

[ 2017年7月16日 05:30 ]

第99回全国高校野球選手権西東京大会3回戦   早実9―2都南平 ( 2017年7月15日 )

6回表(南)無死、南平・諏訪のバットが顔面に当たり出血する野村(左)
Photo By スポニチ

 清宮と3、4番コンビを組む早実の2年生主砲がアクシデントに見舞われた。都南平戦で、捕手の野村が負傷交代した。6回の守備中だった。投球間に、打者のバットが鼻付近に当たって流血した。まさかの出来事に9分間の中断。その後、再びマスクをかぶったが「脳振とうの気があった」(和泉監督)ため、大事を取って7回に退いた。

 試合後の野村は病院で検査を受け、17日の4回戦は状態を見極めて出場の可否を判断する。5月の関東大会で三塁からコンバート。この日は4回に右越え三塁打を放つなど、高校通算40本塁打を誇る強打の捕手は、今夏から背番号1を背負い、公式戦初登板の雪山を好リードした。2年ぶりの夏の甲子園を目指すチームに欠かせない戦力だけに、今後の状態が心配される。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年7月16日のニュース