【西東京】都芦花が早実への挑戦権 設楽監督「奇跡起こせた」

[ 2017年7月16日 05:30 ]

第99回全国高校野球選手権西東京大会3回戦   都芦花12―11帝京八王子 ( 2017年7月15日 )

9回裏(芦)2死満塁、榊の適時二塁打でサヨナラのホームを踏んだ芦花・前田(右)は喜びを爆発させる
Photo By スポニチ

 都芦花は死闘を制し、早実への挑戦権を得た。8―11で迎えた9回、1点を返しさらに2死満塁で、榊主将が右中間へ走者一掃のサヨナラ二塁打。設楽幸愛監督は「奇跡を起こせた」と声をうわずらせた。

 部員はわずか14人。個々への徹底した練習で力をつけ、2試合連続2桁得点だ。清宮対策について指揮官は「2回に1回は打ち取れるんじゃないかな。粘り強く競っていけたら」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月16日のニュース