【神奈川】父はイチ同期のNPB審判 平塚学園・深谷が2安打

[ 2017年7月16日 05:30 ]

第99回全国高校野球選手権神奈川大会2回戦   平塚学園7―2旭丘 ( 2017年7月15日 )

平塚学園・深谷
Photo By スポニチ

 NPB審判の父を持つ平塚学園・深谷が、旭丘戦でマルチ安打を放った。「9番・二塁」でフル出場し、5回に二塁内野安打、6回には中前打を放って好機を広げ「思い切り振ることができた」と胸を張った。

 この日、球宴第2戦の右翼線審を務めた父・篤氏は、愛工大名電でイチロー(マーリンズ)と甲子園に出場。祖父は愛工大名電の元監督という野球一家に生まれた。イチローとは幼少期に対面しており「その後会ったことはないが、もう一回会いたい」と目を輝かせる。「次は今日のバントミスのような細かいミスがないようにして、明るさを出していきたい」。イチローも活躍した聖地に立つため、19年ぶりの頂点へ向けて打ちまくる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月16日のニュース