田沢 7球完全1回0封 イチローは今季初死球

[ 2017年7月16日 05:30 ]

ナ・リーグ   マーリンズ4―6ドジャース ( 2017年7月14日    マイアミ )

<マーリンズ・ドジャース>1回を無失点に抑えた田沢(AP)
Photo By AP

 マーリンズの田沢が後半戦初マウンドで好投した。14日(日本時間15日)のドジャース戦で、4―3の6回に登板。25本塁打で球宴にも出場の4番ベリンジャーを「いいところに投げられた」と87マイル(約140キロ)のスプリットで空振り三振に斬るなど、1回をわずか7球で完全投球。今季24試合目の登板で初ホールドを記録した。

 7月は5試合連続無失点で、ドン・マッティングリー監督は「球宴前からいい球を投げている」と評価。前半戦は脇腹痛もあり苦しんだ右腕だが、「今日は悪くなかった。ああいう場面で使ってもらえて良かった」と納得の表情だった。イチローは5回に代打出場し、右脚に投球を受けて今季初死球を記録した。 (笹田幸嗣通信員)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月16日のニュース