パナソニック・ルーキー吉川 14K完投「プロに行きたい」

[ 2017年7月16日 05:30 ]

第88回都市対抗野球第2日・1回戦   パナソニック3―2三菱自動車岡崎 ( 2017年7月15日    東京ドーム )

<三菱自動車岡崎・パナソニック>5安打2失点で完投勝利を収めたパナソニック・吉川
Photo By スポニチ

 関大出身のルーキー右腕、パナソニック・吉川が14三振を奪い、140球を投げ抜いて2失点完投。3年ぶりの初戦突破に導き「とにかく勝ちにこだわって投げた。こんなに三振を取れるとは驚き」と初々しく笑った。

 145キロ前後の直球にシンカーを織り交ぜ、3回までの9つのアウトを全て三振で奪った。就任2年目で大会初勝利を挙げた梶原康司監督にウイニングボールを渡した吉川は「社会人で結果を出してプロに行きたい」と目を輝かせた。

 ▼三菱自動車岡崎・野波尚伸監督 これからもスローガンの頂戦(ちょうせん)通り、頂を目指してチームをつくっていく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月16日のニュース