【埼玉】花咲徳栄V3へ視界良好 打線爆発20得点大勝

[ 2017年7月16日 05:30 ]

第99回全国高校野球選手権埼玉大会3回戦   花咲徳栄20―1大宮南 ( 2017年7月15日 )

試合後、笑顔でガッツポーズをする花咲徳栄・西川 
Photo By スポニチ

 花咲徳栄が夏3連覇へ視界良好だ。打線が14安打20得点で大宮南を5回コールドで破った。初回に先制点を許し追いかける展開となったが、焦ることはなかった。

 高校通算28号となる2試合連続本塁打を含む、4打数3安打5打点の活躍を見せたプロ注目の3番・西川は「次につなぐという意識を持ってやりました。次の試合も変わらずにやりたい」と語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月16日のニュース