オリ3連敗で前半戦負け越し決定 山岡11Kの力投実らず

[ 2017年7月8日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス1―3ロッテ ( 2017年7月7日    ほっと神戸 )

オリックスの先発・山岡
Photo By スポニチ

 オリックスは前身の阪急を指揮し75年から日本一3連覇を達成した上田利治元監督が1日に死去してから、初主催で試合前には半旗を掲げ黙とうがささげられた。

 どうしても勝ちたい一戦だったが、山岡が自己最多11奪三振で8回1失点の好投も打線が沈黙。ドラフト1位右腕は「絶対に点を取られてはいけないと思ったんですが…」と、今季12度目の登板で援護点は1試合平均1・25点。チームは3連敗で借金6、前半戦の負け越しが決まった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年7月8日のニュース