DeNA1番桑原 劇的!9回逆転満弾「無我夢中」

[ 2017年7月1日 21:22 ]

セ・リーグ   DeNA6―4巨人 ( 2017年7月1日    東京ドーム )

<巨・D>9回2死満塁、左越え満塁弾を放ったDeNA・桑原は梶谷(右)に迎えられる
Photo By スポニチ

 DeNAの桑原将志外野手(23)が9回に逆転満塁本塁打を放った。

 1点リードの8回に逆転され、2点を追う展開となった9回。2死満塁でカミネロの初球を叩いた一打は高く上がってDeNAファンの待つ左翼席に飛び込んだ。「みんなが最後まで諦めずにつないでくれたので、何とか自分も後ろにつなげようと思って打席に立ちました。無我夢中。来た球を思い切って打つ。それだけで行きました」。

 初回には先頭打者弾を放ち、1試合2本塁打5打点の活躍。ヒーローは「(初回は)チームを勢いづけようと思って打席に入っています。またあしたから貯金を一つずつ増やせるように頑張ります」。チームは3連勝で今季初の貯金1とし、さらに上り調子だ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月1日のニュース