由規、6年ぶり東北マウンドで熱投「久々に投げられて良かった」

[ 2017年6月28日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト3―4巨人 ( 2017年6月27日    荘銀日新スタ )

4回1死二、三塁 村田に中前適時打を浴びる由規
Photo By スポニチ

 ヤクルト・由規は序盤こそ無得点に抑えたが、多投していたスライダーが徐々に甘くなり4、5回に痛打された。6回3失点で3勝目はならず「直球があまり良くなかった。どこかで小さく、窮屈になってしまっている」と反省した。

 仙台出身。6年ぶりの東北地方での1軍マウンドだった。右肩痛を乗り越えて雄姿を披露し「久々に東北で投げられたのは良かった」。28日に出場選手登録を外れ、次回登板に備える。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年6月28日のニュース