巨人 痛恨連敗…右打者9人打線も9回マギー2ランがやっと

[ 2017年6月24日 21:20 ]

セ・リーグ   巨人2―8中日 ( 2017年6月24日    東京ドーム )

<巨・中>4回一死、マギー(右)が三振に倒れ、悩ましげな高橋監督(中央)
Photo By スポニチ

 巨人が、2試合連続で右打者を9人並べる打線で臨んだものの、連敗を喫した。

 中日の左腕・小笠原の前に8回まで散発の2安打と抑えられ、0―8の9回にマギーの2ランで連続無得点を17イニングで止めるのがやっとだった。

 投げてはマイコラスが7回2/3を13安打6失点で4敗目。前日の菅野、マイコラスと二枚看板を並べ、スタートダッシュを期した交流戦明けで痛恨の連敗となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月24日のニュース