広島VS阪神は4回途中で降雨ノーゲーム 広島2点勝ち越しも…

[ 2017年6月24日 17:08 ]

セ・リーグ   広島―阪神 ( 2017年6月24日    マツダ )

<広・神> ノーゲーム後、新井のユニホームを着てパフォーマンスを繰り広げる上本
Photo By スポニチ

 広島―阪神11回戦(マツダ)は4回途中で降雨のためノーゲームとなった。

 広島は3―3で迎えた4回、西川、会沢の連打と死球などで1死満塁としてから菊池が押し出し四球を選んで勝ち越し。さらに丸の左犠飛でもう1点を加えて5―3と点差を広げた。ここで阪神は先発投手の能見から2番手・藤川へスイッチ。だが、試合途中から降っていた雨がここで強くなったため、中断。1時間待ったが、天気が回復しないためノーゲームとなった。

 広島・薮田、阪神・能見の両先発投手で始まった試合は阪神が2回に2死一塁から糸原、梅野の連続適時二塁打で2点を先行。だが、広島はその裏、2死三塁からこちらも西川、会沢の連続適時二塁打で追いついた。広島は3回、無死一、三塁から丸の右前適時打で1点勝ち越したが、阪神は4回に梅野の犠飛で再び同点。3―3で迎えた4回に広島が2点を勝ち越したが、無念のノーゲームとなった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月24日のニュース