中日・荒木「光栄」2000安打バット&スパイクを野球殿堂博物館に寄贈

[ 2017年6月24日 14:36 ]

 中日の荒木雅博内野手(39)が24日、都内の野球殿堂博物館に2000安打を達成した際のバットとスパイクを寄贈した。

 「自分の2000安打のバットとスパイクを飾っていただける。こんなに光栄なことはありません。飾っている以上、変なプレーをしないようにしたい」と荒木。「たくさんのすごい選手の道具が飾ってある中、自分の物が入れてもらえる。光栄です」と喜んだ。

 荒木は6月3日の楽天戦(ナゴヤドーム)で史上48人目の通算2000安打を達成した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月24日のニュース