DeNA飯塚 初登板初勝利消えた…救援陣崩れた

[ 2017年6月20日 05:30 ]

日本生命セ・パ交流戦   DeNA4―7オリックス ( 2017年6月19日    横浜 )

<D・オ>8回、オリックスに逆転を許し降板した三上(右)と白星の消えた飯塚
Photo By スポニチ

 プロ初登板初先発の高卒3年目右腕、DeNA・飯塚が5回2安打6奪三振で無失点と好投。救援陣が崩れて逆転負けを喫し、初勝利はお預けとなったが「正直こんなにいい投球ができるとは」と話した。

 前日の同戦が雨天ノーゲームとなり、イースタン・リーグでの登板から中4日での緊急登板だったが「気にならなかった」と飯塚。ラミレス監督は「日程的に1度抹消するが、1軍でも通用すると分かった」と評価。3年ぶりの交流戦勝ち越しは逃したが、若手右腕の好投は収穫となった。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2017年6月20日のニュース