PR:

イチロー 先発出場で今季2号ソロ 主砲の代役果たす

ナ・リーグ   マーリンズ1―3パイレーツ ( 2017年6月11日    ピッツバーグ )

マーリンズのイチロー (AP)
Photo By AP

 マーリンズのイチローが11日(日本時間12日)のパイレーツ戦に「7番・右翼」で先発出場し、8回の第3打席で右中間へのソロ本塁打を放った。

 イチローは4月19日のマリナーズ戦以来となる今季第2号。パイレーツの3番手・ハドソンが真ん中高めに投じた150キロのストレートを振り抜くと、快音を残した打球は高々と舞い上がり、スタンドに吸い込まれた。この当たりは初速159キロ、角度33度で飛び出し、最高到達点は31・7メートル。飛距離は119メートルで、滞空時間は5・6秒だった。

 前日の試合で右手首に死球を受けたスタントンに代わってのスタメン。チームトップタイの16本塁打をマークしている主砲の代役となったが、その役割をしっかり果たして見せた。「スタントンの代わりに出たから、少なくとも1本は打たないとね」と笑顔を見せるイチロー。この一発で3試合連続安打と調子も上向き。メジャー最年長野手がチーム内でその存在感をアピールしている。

[ 2017年6月12日 09:47 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:07月22日15時〜16時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム