左アキレス腱断裂から復帰を目指す西岡、甲子園でタイムリー

[ 2017年6月9日 18:44 ]

 左アキレス腱断裂から復帰を目指す阪神の西岡が9日、ウエスタン・リーグのソフトバンク戦(甲子園)に「1番・指名打者」で出場し、三回2死満塁から中前に2点打を放ち、実戦復帰後初打点をマークした。

 本拠地での実戦は大けがを負った昨年7月20日の巨人戦以来。「集中して打席に入れた。結果が出たのは良かった」と話し、同じカードの11日には守備に初めて就く見込み。掛布2軍監督は「雰囲気が出ていた。落ち着いていた」と評価した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年6月9日のニュース