則本8試合連続2桁K!プロ野球記録更新、メジャー記録に並んだ

[ 2017年6月8日 20:25 ]

セ・パ交流戦   楽天―DeNA ( 2017年6月8日    Koboパーク宮城 )

<楽・D>2回2死一、二塁、佐野を空振り三振に打ち取る則本
Photo By スポニチ

 楽天の則本昂大投手(26)が8日、Koboパーク宮城での交流戦、DeNA戦に先発し、自身の持つプロ野球記録の連続2桁奪三振試合を「8」に更新。メジャー記録に並んだ。

 則本は初回、2番・梶谷から最初の三振を奪うと、2回に1個、3回に2個の三振を奪い、4回は1死から筒香に中前打を許したが、アウト3つ全てを空振り三振で取った。

 5回に倉本から8個目の三振を奪った則本は6回2死二塁から筒香に中前適時打を許して1失点。毎回三振も途切れたが、7回に石川から見逃し三振を奪って“王手”をかけると、8回1死から梶谷に9号ソロを浴びたが、筒香を見逃し振り三振に仕留めて2桁の大台に乗せた。3安打を打たれていた筒香からの三振でDeNAの先発から全員三振をマーク。今季100奪三振に到達した。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年6月8日のニュース