楽天・菅原 1イニング3暴投のプロ野球タイ記録 史上15人目

[ 2017年6月2日 21:19 ]

日本生命セ・パ交流戦   楽天3―6中日 ( 2017年6月2日    ナゴヤドーム )

<中・楽>8回2死一、二塁、京田の時に菅原(左)の暴投で二塁走者の亀沢が生還
Photo By スポニチ

 楽天ドラフト4位の菅原秀投手(23)がプロ野球記録に並ぶ1イニング3暴投と乱れた。

 0―3の8回に3番手で登板。先頭のゲレーロに一発を浴びると、2死一、二塁から打者・京田の時、1つ目の暴投で二塁走者が還って失点、なおも2死三塁で京田にも振り逃げ三振を許し、この回3点目を失った。さらに大島にも暴投でプロ野球記録に並んだ。菅原は今季17試合目の登板だったが、いずれも低めへのワンバウンド投球だった。

 1イニング3暴投は、昨年8月31日に西武・大石が記録して以来プロ野球史上史上15人目。

 チームの連勝は5でストップした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月2日のニュース