巨人 ドラ4池田 5回無失点もプロ初勝利ならず

[ 2017年6月1日 20:45 ]

交流戦   巨人―楽天 ( 2017年6月1日    Kobo宮城 )

巨人先発の池田
Photo By スポニチ

 巨人のドラフト4位ルーキー・池田のプロ初勝利が消えた。1日の楽天戦(Koboパーク宮城)でプロ初先発。自慢のチェンジアップとカットボールを効果的に使い、好調な楽天打線を5回4安打無失点に封じ込めた。

 4回に村田の先制2ランの援護をもらい、5回を投げきって勝ち投手の権利を得て降板。6回からマウンドを引き継いだ2番手・田原がアマダーに同点2ランを被弾。ベンチはすぐさま3番手・森福にスイッチしたが、その森福も岡島に中越え適時三塁打を浴びて勝ち越しを許した。中継ぎ陣が試合をひっくり返され、ルーキー左腕のプロ初先発初勝利という快挙の達成はならなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月1日のニュース