PR:

ブレーブス痛手 主軸フリーマンが長期欠場へ 死球で手首骨折

左手にギプスをはめたフリーマンは戦況を見守る (AP)
Photo By AP

 ブレーブスは18日、左手首を骨折したフレディ・フリーマン内野手(27)が少なくとも10週間、試合を欠場すると発表した。

 フリーマンは17日のブルージェイズ戦で左手首に死球を受け、その後の検査で同部位の骨折が判明。手術の必要はないというが、長期離脱を余儀なくされた。

 チームの正一塁手として今季は開幕からここまで37試合に出場して打率3割4分1厘、14本塁打、25打点をマーク。本塁打はヤンキースのジャッジと並んでメジャートップという活躍を見せていた。

[ 2017年5月19日 10:38 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:06月21日07時〜08時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム