立大・大東 代打サヨナラ打 9回3点差追いつかれての大仕事

[ 2017年5月16日 05:30 ]

東京六大学野球第6週第2日   立大5―4早大 ( 2017年5月15日    神宮 )

<早大・立大>9回1死一塁、サヨナラ打を放ち、歓喜の立大代打・大東(右)
Photo By スポニチ

 立大は9回に3点差を追いつかれたが、はね返す力が残っていた。

 1死一塁から代打・大東が右越えのサヨナラ三塁打。大学で初めて劇打を放った1メートル71の右打者は「引っかけてばかりの凡打が多かったので引きつけて打てた」。主に対左投手用の代打要員だが、今春はここまで10打数1安打。負ければ勝ち点を落とす一戦での大仕事に「誰よりもバットを振ってきた」と笑顔だった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年5月16日のニュース