マリナーズ岩隈 4〜6週間離脱の見通し 右肩精密検査で判明

[ 2017年5月14日 00:21 ]

マリナーズの岩隈久志(AP)
Photo By AP

 米大リーグ、マリナーズは13日、右肩の炎症で10日間の故障者リスト(DL)に入っている岩隈久志投手が精密検査の結果、4〜6週間チームを離脱する見通しになったと発表した。

 岩隈は3日のエンゼルス戦で左膝に打球を受けた影響もあり、11日に予定していた先発を回避。ここ数試合の登板で右肩に違和感もあったため球団は10日にDL入りの手続きを取り、岩隈はシアトルに戻って精密検査を受けていた。

 今季は6試合に先発し、0勝2敗、防御率4・35の成績。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月13日のニュース