上には上がいる 1試合最多被本塁打記録は9本

[ 2017年5月13日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ1―15日本ハム ( 2017年5月12日    東京D )

<日・ロ>5回1死一塁、大田(右)に2ランを打たれた涌井
Photo By スポニチ

 涌井(ロ)が6被本塁打。パでは09年5月13日ロッテ戦の大隣(ソ)まで過去13人で13度あった1試合5被本塁打を抜く、ワースト新記録になった。

 なお、1試合の最多被本塁打記録は、1リーグ時代の49年4月26日大映戦で川崎徳次(巨)が喫した9本、セ記録は、58年6月1日大洋戦の田所善治郎(国鉄)の7本。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年5月13日のニュース