関学大・山口がリーグ戦初完封勝利!自己最速147キロもマーク

[ 2017年5月13日 10:27 ]

関西学生野球連盟 第7節1回戦   関学大2―0関大 ( 2017年5月12日    甲子園 )

 伝統の関関戦で関学大の山口晃投手(4年)がリーグ戦初完封勝利を飾った。直球は自己最速を1キロ更新する147キロを計測。関大を4安打に封じ、わずか96球で料理した。

 佐世保実では12年夏と13年夏の甲子園に出場したが、三塁でプレーした右腕。この日は両親も観戦する中、最高の投球を披露した。副将兼投手リーダーを務める山口は「高校では甲子園のマウンドで投げる姿を両親に見せることができなかった。最高の結果で良かったです」と笑った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月13日のニュース