おかわり右足首炎症で6連戦欠場も 17試合連続安打中

[ 2017年4月26日 05:30 ]

 西武・中村剛也内野手(33)が右足首の炎症で25日のオリックス3回戦(ほっと神戸)を欠場した。同日に神戸市内の病院で検査を受けた結果、右足首の軽度の炎症と診断。試合前は全体練習に参加せず、外野で歩いて体を動かしたのみだった。辻監督は「絶対無理させない。後が大変になる」と話しており、患部の回復次第では今週の6連戦を欠場する可能性もある。

 開幕から17試合連続安打の記録は継続されるが、打率・348、5本塁打と打撃好調の主砲の離脱は痛い。中村は「前のカード(日本ハム戦)から(痛みが)少しあった。(復帰は)どれぐらい回復するかです」と慎重に話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年4月26日のニュース