DeNA新人浜口 6回まで無安打!7回に安打許すも勝ち投手の権利持ち降板

[ 2017年4月25日 20:04 ]

セ・リーグ   DeNA―阪神 ( 2017年4月25日    甲子園 )

<神・D>力投する浜口
Photo By スポニチ

 DeNA先発のルーキー・浜口遥大投手(22)が6回まで阪神打線を無安打に抑える快投を見せた。

 7回に先頭の糸井に三遊間を破られ初安打を浴びると、内野安打と四球で二死満塁となったところで降板。2番手・山崎康晃投手(24)が代打・新井良太内野手(33)を空振り三振に抑えたため、勝ち投手の権利を持って終盤を迎えた。

 6回2/3を投げて99球7奪三振、被安打2、与四球は4だった。

 チームは初回2死三塁から筒香の一塁強襲の適時打で先制。その1点を守って浜口が好投した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年4月25日のニュース