森審判員が通算2000試合 現役では8人目

[ 2017年4月25日 19:48 ]

 日本野球機構(NPB)の森健次郎審判員(53)が25日の中日―ヤクルト3回戦(豊橋)で三塁塁審を務め、通算2千試合出場を達成した。NPB審判史上65人目、現役では8人目となる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年4月25日のニュース