カブス大勝 上原の登板なし ブルワーズはテイムズが早くも10号

[ 2017年4月25日 14:39 ]

ブルペンで待機するカブスの上原 (AP)
Photo By スポニチ

 メジャーリーグは24日(日本時間25日)に各地で9試合が行われ、打線が爆発したカブスは14―3でパイレーツに大勝。先発のアンダーソンは6回3失点の内容で今季2勝目をマークした。なお、この試合で上原の登板はなかった。

 ブルワーズは11―7でレッズとの打撃戦を制した。ブルワーズのテイムズはこの試合で9号、10号と2本塁打の活躍。開幕から19試合で10本と驚異のペースで本塁打を量産している。

 ジャイアンツは2―1でドジャースを下し、連敗を4でストップ。ドジャースの先発・柳賢振は6回1失点と好投したが、2014年以来の白星を手にすることはできなかった。

 <24日の結果>

ナ・リーグ:ロッキーズ8―4ナショナルズ、カブス14―3パイレーツ、ブルワーズ11―7レッズ、ダイヤモンドバックス7―6パドレス、ジャイアンツ2―1ドジャース

ア・リーグ:ホワイトソックス12―1ロイヤルズ、ツインズ3―2レンジャーズ、オリオールズ6―3レイズ、エンゼルス2―1ブルージェイズ

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年4月25日のニュース