星槎国際湘南 春初4強!夏第1シードも獲得 土屋監督「よくやった」

[ 2017年4月25日 17:27 ]

春季高校野球神奈川県大会準々決勝   星槎国際湘南3―1慶応 ( 2017年4月25日    保土ケ谷 )

 星槎国際湘南が慶応を下し、春初の4強に進出。夏の神奈川大会第1シードも獲得した。

 エース右腕・本田仁海投手(3年)が6安打1失点11奪三振完投。「慶応は昨年秋の王者。勝ててうれしい」と喜んだ。 創部7年目での躍進に土屋恵三郎監督は「うちはエリートじゃないけれど、磨けば伸びてくるということ。失敗を恐れずよくやった」と称えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年4月25日のニュース